日本大学薬学部薬理学研究室 Pharmacology  

研究室スタッフと学部講義
これまでの歩み
当研究室の研究内容
薬理学研究室の年間活動
大学院講義と大学院生

薬理学研究室スタッフの研究業績は、学部の公式ページで検索できます。


薬理学研究室の同窓会(通称薬物同窓会の活動報告です)


〒274-8555
千葉県船橋市習志野台7-7-1
日本大学薬学部薬理学研究室
電話/FAX:047-465-4027

E-maiアドレスは、研究室スタッフのページにあります。



■What's new!

平成29年3月25日の学位記伝達式の後の集合写真。全員めでたく卒業しました。

薬理学研究室同窓会(通称:薬物同窓会)総会、懇親会は、平成29年秋に開催予定です。

■薬理学研究室掲示板


■薬理学研究室の研究と教育について

本研究室は、主に脳の神経の病気の中でも、アルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患の発症 メカニズムの解明とこれらの病気から脳を守る予防薬や治療薬に関する薬理学的な研究を行っています。 学部の教育では、主に「薬の効くプロセス」「疾患と薬物治療」「悪性新生物と戦う」「生物統計の基礎と応用」などの医療薬学系の講義と医療系薬学実習T (薬理学実習)を担当しています。また、日本大学全学共通所年次教育科目「自主創造の基礎1,2」も担当しています。


■薬理学研究室ニュース

わかりやすい薬理学−薬の効くプロセス−第11版は平成29年4月発刊予定です。




■卒研生の活動








■脳の神経の病気とその治療薬に関する研究

卒業研究でアルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症のような神経変性疾患、脳梗塞のような中枢神経疾患の発症メカニズムや その機構を阻止する薬物に関する研究をしてみたいという意欲旺盛な学生を歓迎します。





Copyright 2007 日本大学薬学部薬理学研究室 All Rights Reserved